トップ学校からのお知らせ > 保護者の方々向け(3学年)

保護者の方々向け(3学年)

お知らせ

3学年 学年だより 第2号

2018年5月 4日

学年だより3学年2号(4月9日実力テスト 学力向上のためにできることはなんでもやろう).pdf

第3学年 学年だより 1号

2018年5月 4日

学年だより3学年1号(4月6日始業式「駄目なものは駄目」を超えていけ).pdf

3学年だより 第3号「後半GW突入号」を発行しました

2018年5月 2日

学年だより3学年3号(5月2日後半GWへ).pdf

第1回 3学年学年集会 

2018年4月30日

司会 2組副理事 横森香保里

1.新たに学年を担当する先生方より

 ◎保坂由美先生  

   3年連続の3学年所属です。みんなのサポートを頑張ってしたい。昨年の3年生が、ある大学の面接で「大学に入って勉強しなくなる人への対策は?」と問われ、「一高では大学についてよく調べていて、大学で何をしたいのかがみんな分かっている」と答えました。そんな風にみんなにも自信を持って答えて欲しい。

 ◎時澤先生

   2年連続で3学年所属です。昨年の3年生はよく頑張ったけど、中には大学で何をしたいのかはっきりわからないまま受験をしている生徒もいた。それをはっきりさせることが、どんな受験の結果に終わっても大学生活を楽しめるようにする秘訣でしょう。

  ◎古河先生

 「急ぐ」と「焦る」は違います。長く山岳部に関わったけど、山で焦ってしまってバテて大変な思いをしたことがある。ペースを上げるのはいいけど「焦っては」良くない。計画を上手に立てて、上手に急いでください。

  ◎一宮先生 

  昨年生活環境部にいて、様々な生徒指導の記録をまとめたが、携帯電話の違反、交通違反・事故、25分遅刻と全て、3年生が最も少なかった。そういう心構えが、昨年の3年生の受験結果につながったのかもしれない。この学年については、そういう部分が心配です。

  ◎望月先生

  以前は体重が100キロ以上あった。医者からこのままでは死んでしまうと言われ、本や論文を読みあさって30キロ近いダイエットに成功した。人間、必死になればどんなことでも出来ます。目標に向かって頑張って下さい。

2.ひき続き学年を担当する先生方より

 〇若尾先生  受験の時、迷い、悩んだが、強くなった。みんなにも受験を経験して成長して欲しい。

 〇北村先生  受験は、焦らない、あきらめない、侮らないの3つの「あ」を忘れず、自分を鍛えて下さい。

 〇窪田先生  自分に何ができるか、ではなく、何をすべきか、を考えて欲しい。

 〇保坂礼先生 数学を楽しもう!

 〇中込先生  もがき、苦しめ!みんなをサポートします。ちなみに受験にむけてあるものを絶ちました(笑)

 〇三輪先生  好きなものは絶ちません。願かけはしません。(笑) みんなの成長を楽しみにしてます。

 〇永井先生  今年の目標は「仏になる」でしたが、無理でした。(笑)何事も楽ではありませんが、前向きに。

 〇石田先生  ブッダが仏になったのは39歳の時です。50歳ですが、年を重ねるほどやる気が出てきます。

 〇石井先生  何事もジタバタするほど力がつく。心は折れてもくっつくから大丈夫。独り立ちしよう。

3.新学年理事長・副理事長より今年の抱負

 〇学年理事長 7組理事 齊藤 真子

   受験ではクラスの力が大切、そういうクラスにしたい。 自分と向き合うと嫌なこともあるが、後悔しないためにもしっかり自分と向き合いたい。「今年という年があってよかった」と後から思える1年にしたい。

 〇学年副理事長 1組理事 塩澤 大地

   理事長をしっかりサポートしたい。そして、学年のみんなの力になりたい。

 〇同        7組副理事 三浦 あゆみ

   受験生であることを言い訳にしない、というのが今年の目標。何でも一生懸命したい。新しい事にも挑戦したい。みんなで頑張って、良い学年にしましょう。

4.新学年目標 「 自  覚 」について  学年理事長 齊藤 真子

   先日理事・副理事会議を行い、学年目標は昨年に続き 「自 覚」に決まりました。昨年、かなり一生懸命話し合って決めたので、変えないでおこうということになりました。今年はサブタイトルはなしです。

   みんなにそれぞれの目標があります。部活動の部員として、受験生として、家族の一員として、それぞれの自覚を持ちながら、ゴールに向かって全員で頑張れば、おのずと良い学年になると思います。

   この言葉を心に留めて、全員で頑張っていきましょう。

5.進路指導部より 永井先生  3学年進路シラバス、その他について

   与えられた時間は限られている。心の中に軸を持ち、自分から求めることが大事。何となく言われたことをこなしているだけでは駄目。進路シラバスも含めて、進路から与えられる情報は多いが、自分の考えをしっかり持って、自分から必要な情報を考えて、活用して欲しい。 

6.学年主任より

  もうチャイムが鳴りますね。(笑)でも、本当に良い話をたくさん聞けた。また、みんなの聞く態度も良かった。本当に成長したと思う。

  しかし、永井先生が言った通り、何となく真面目にやっているだけでは駄目です。他人事ではなく、全て自分のことなのだ、という「自覚」をしっかり持ち、何のために勉強をするのか、心の軸をしっかり持ち、どんな結果に終わっても、卒業後「〇〇大学、短大、専門学校で〇〇を勉強します」と胸を張って、笑顔で報告に来て欲しい。ーーーー(チャイム)ーーーーはい、鳴りました。終わります。

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">