部活動 体育局

山岳部(男女)

 県高校総体 女子6連覇(H29)

団体女子第1位(6年連続)  全国大会出場権獲得

団体男子第2位(4年連続)   関東大会出場権獲得

H29sangaku00.jpg


春山合宿(八ヶ岳・天狗岳・中山)

 3月11・12日の週末に八ヶ岳で合宿登山を行いました。11日は奥蓼科の渋の湯温泉をアイゼンを装着して出発し、昼前に黒百合平に到着。雪上でテントを設営し昼食をとったあと隊をふたつに分け、2年男子は東天狗岳へ登頂、他はテントで休息しました。夕方は各々のテントで夕飯をつくったり、天気図をとりました。日が暮れると一気に気温が下がり、朝の外気温は氷点下20度でテント内も水が凍る寒さでした。12日、テントを撤収し黒百合平を出発、中山峠を経て中山の展望台では北アルプスなどのすばらしい展望を満喫。高見石、賽の河原地蔵を経て渋の湯に到着。帰途、富士見高原の鹿の湯で露天温泉につかり疲れをいやしました。

春山1.jpg  春山2.jpg

 

 

スノーシュー(北八ヶ岳)

北八ヶ岳高見石小屋までの春山の樹林帯をスノーシューも体験しながら楽しんできました。朝、奥蓼科の渋の湯を出発し、新雪の樹林帯を渋川沿いにのぼり、賽の河原地蔵を経由して高見石小屋で昼食。高見石からは浅間山や北アルプスの山々をみわたすことができました。

高見石1.jpg   高見石2.jpg

高見石3.jpg 高見石4.jpg

 

スキー

厳冬期は安全面を考えると山に行く機会もなかなかありません。そこで一高山岳部では例年2月に長野県でスキー合宿を行っているのですが、今年は日程の確保ができなかったので、日帰りで清里のスキー場にいきました(2月11日)。山岳部とはいえ、スキー初心者も多く、このような企画をとおして雪遊びへの第一歩を踏み出してほしいものです。

スキー2017.JPG

 

白峰三山縦走 秋合宿

9月17日から19日の3連休に南アルプスの白峰三山を縦走しました。OG2名も参加し、総勢23名という大パーティーです。16日は学校に前泊し、17日早朝マイクロバスで学校から芦安へ。芦安で路線バスに乗り換え広河原から登山行動を開始。大樺沢二俣から右俣を詰め肩ノ小屋へ昼過ぎに到着、テントを設営しました。午前中は晴れ間もありましたが、夕飯の頃までには2900mの幕営地は雲の中へ。18日未明から停滞前線が近づき降雨となりました。4時に肩ノ小屋を出発。北岳(3193m)に登頂し、北岳山荘通過後あたりから風雨が強くなりました。雷鳥の親子に出会いましたが風雨が強く写真もとれません。間ノ岳(3190m)から農鳥岳(3026m)の稜線では時折身動きが取れないほどの強風に苦しみましたが、大門沢小屋に到着。大雨のなか、みなで協力しながらテントを設営しました。ずぶ濡れのテントでの炊事は辛い経験でした。翌朝、ようやく雨もあがり奈良田に下山。温泉に入り、マイクロバスで帰校しました。

PCQU2011.jpg

 

全国高校総体登山大会女子団体6位入賞

8月6日から10日にかけて岡山県で開催された全国大会(インターハイ)において、女子団体6位(参加46チーム中)という成績で念願の入賞を果たすことができました。大会山域は「朝鍋鷲ヶ山・毛無山」、「中蒜山・上蒜山」「下蒜山」の3コースで行われました。私たちのチーム得点は98.0点(ズバリ私たちの目標スコア)でしたが、1位から7位までが0.9点差以内という接戦でした。今年からインターハイのルールが大きく変わり、全日程メインザックでのチーム行動、山中での読図技術ポイントも20カ所に増加するなど、競技性の大幅な向上がみられ、さらに、山頂でも1000m強という低山での酷暑が加わるという苦しい大会でした。そのなかで、一高山岳部は歩行・装備・炊事・救急課題・計画書・行動記録・読図技術で満点をとることができました。詳細は夏山合宿などとあわせて後日報告します。応援ありがとうございました。

インハイ1.JPG インハイ2.JPG インハイ3.JPG

    インハイ4.JPG

 

 新人合宿登山(7月月例登山) 

富士見平小屋から瑞牆山・不動滝

7月9日から10日、奥秩父の瑞牆山に登りました。県総体に参加できなかった1年生男子部員にテント泊登山を経験させることが目的です。9日の午前中は学校で課外や学習会があり、昼に学校を出発。男子はJRとバスを乗り継いで、瑞牆山荘の登山口を歩き始めたのは15時過ぎでした。幕営地である富士見平小屋までの登山道は、5月の県総体で特区間の一部になったルートです。大会までの厳しい練習の記憶が生々しくよみがえりましたが、今回は美しい初夏の落葉樹の森を堪能できました。富士見平小屋でテント設営と炊事を行い、20時就寝。翌朝は3時に起床し、テントを撤収し4時半に出発。天鳥川を渡渉し、瑞牆山頂からは雲海の甲府盆地と富士山、そして県総体で競った金峰山の五畳岩、八ヶ岳から南アルプスの山々が梅雨時とは思えない晴天下で望むことができました。。山頂から分岐を北へとり不動沢へ下降。奇岩と森のみどり、不動沢のせせらぎが心地よいのですが、クサリ場や滑りやすい木の根の連続で新人には多少辛かったかも。不動滝で休憩をとり、瑞牆山自然公園を経て瑞牆山荘に到着。「ますとみの湯」につかり帰路へ。

瑞牆1.JPG 瑞牆2.jpg 

瑞牆3.jpg

 

県高校総体 女子5連覇

団体女子第1位(5年連続)  全国大会(岡山インターハイ)出場権獲得

団体男子第2位(3年連続)   関東大会(埼玉県)出場権獲得

月11日から13日の3日間、県高校総体登山大会が北杜市奥秩父山系の金峰山一帯で開催されました。11日は風雨強いなか、瑞牆山荘から大日小屋手前までの特区間に挑み、悪天候にも関わらず男女ともにほぼベストタイムでゴールしました。12日は好天に恵まれ、金峰山(2595.2m)への登頂を果たしました。13日までの登山行動ではいくつかの失敗もありましたが、男女ともに好成績を収め、日頃の月例登山や放課後練習の成果をしめすことができた大会でした。また、オープン参加した1・2年生も来年以降に向けてよい経験を積むことができました。

女子は競技ポイント98.53で参加7チーム中での優勝、8月の蒜山山域で行われる岡山インターハイに出場します。インターハイの出場は5年連続となりますが、昨年の10位以上を目標に準備をすすめます。男子は競技ポイント92.99で参加14チーム中での準優勝、11月の埼玉県の奥秩父山域で行われる関東大会に出場します。

金峰山1.jpg  金峰山3.jpg

 金峰山4.jpg    金峰山5.jpg

 金峰山6.jpg

 

春山合宿 in八ヶ岳 硫黄岳

3月20.21日に一泊二日で八ヶ岳の硫黄岳(2760.0m)へ行ってきました。南八ヶ岳の最北端に位置し、北面に火山活動の名残の巨大な火口壁を残している山です.山名は火口から硫黄を産したことによります。

今回の山行は韮崎高校山岳部との合同登山で、一高山岳部のOBの鶴城山岳会の二名の方々に引率していただき、総勢18人で行きました。季節は春ですが、山にはまだ雪がたくさん残っており,山頂の気温は-10℃でした。

お楽しみの夕飯はとんこつ味噌鍋でシメはラーメンでした。とても美味しく,体も温まりました。朝は5時に起き、女子はおしるこを食べました。6時半くらいに赤岳鉱泉を出発し、硫黄岳山頂に8時40分くらいに着きました。残念なことに天気は曇っていて,景色は見れませんでしたが,山頂まで行けて良かったです。

 

硫黄1.jpg 硫黄2.jpg硫黄5.jpg 硫黄4.jpg

硫黄7.jpg  硫黄9.jpg

新入生の皆さんへ

甲府第一高等学校山岳部は、男子6人、女子6人の計12人で活動しています。

登山の他にも温泉やバーベキュー、スキースノーボードなど楽しい活動がたくさんあります。

興味のある方はぜひ見学に来てください。部員一同待っています。

 

夏・秋の登山報告

茅ヶ岳

11月3日に日帰りで韮崎市の茅ヶ岳(1703.5m)に行ってきました。この山は「日本百名山」の著者である深田久弥の終焉の地としても有名な山であり、当日も県外からたくさんの登山客が来ていました。10時過ぎに登山口を出発し、防火帯の尾根道を経由して昼頃に山頂に着きました。富士山や甲斐駒ヶ岳などの山梨の有名な山々が一望でき、とてもきれいでした。山頂は登山客でいっぱいだったため、昼食は少し降りたところにある女岩の水場(水場は現在立入禁止)で、スパゲッティを作って食べました。日帰りだったため、疲れもさほどなく、全員楽しく登ることができました。

茅ヶ岳.JPG

 

櫛形山(県新人大会)

10月24日~25日に新人大会で南アルプス市の櫛形山(2052m)に登りました。念願の女子1年生新入部員の初登山です。学校行事と重なったため、夕方に学校を出発し、夜キャンプ場に着きました。辺りはすでに暗くなっていたため、物がなくならないよう、慎重にテントを立て、9時前に就寝しました。翌日は4時に起床し、朝食はパスタを食べました。少し時間がかかりましたが、美味しく作れて良かったです。当日はすっきりと晴れていて、紅葉がとてもきれいでした。そして9時頃裸山に着き、10時に櫛形山山頂に到着しました。山頂からは富士山がよく見え、気持ちが良かったです。山頂で食べるお昼ご飯は美味しかったです。秋の山を安全に楽しめて良かったです。 

 櫛形山1.jpg

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 

北アルプス・白馬三山縦走 

 9月20~22日(シルバーウィーク)の前泊ありの2泊3日で長野県白馬村の白馬三山へ行きました。19日の夜は学校に泊まりました。学食の夕食がとても美味しかったです。20日は猿倉荘(6時半発)から頂上小屋(12時半着)まで歩き、ピストンして白馬岳(2932.3)に登りました。ヘルメットとアイゼンを着用し大雪渓を歩きました。9月に見る雪はで新鮮で、楽しかったです。3時間ほどテントで休憩したのち、白馬岳に到着しました(15時半)。雲海や満点の星空がとてもきれいでした。

 白馬1.jpg

白馬2.jpg

21日は朝5時に頂上小屋を出発し、杓子岳(2812)、鑓ヶ岳(2903.2)を縦走し、鑓温泉に泊まりました。朝はとても寒かったです。山行中鎖場がありましたが、安全に鑓温泉に着くことができました(10時半)。標高2100mの温泉は硫黄質の温泉でとても気持ちが良かったです。顧問の先生方は露天風呂に5回も入り、確実に湯あたりしていたように見えました。 

白馬3.jpg

白馬4.jpg

白馬5.jpg

 22日は鑓温泉を出発し(5時00分)、猿倉に向かいました。朝は前日に登った杓子岳や雪渓が朝日で真っ赤に染まって美しかったです。小日向山の尾根までは急な登りもありましたが、これを越えると白馬三山をバックにきれいな紅葉を見ることができました。生徒主体で読図をしながら下山しました。疲れた中で自分達の地図で居場所を探すのは大変でした。途中でコンパスの使い方を学びました。使い方を忘れないようにしたいです。下山後も数日間は鑓温泉の硫黄の臭いが体について大変でした。

 白馬6.jpg

白馬7.jpg

 

御坂山系・黒岳(県1・2年生大会)

8月23日に1・2年生大会で黒岳(1792.7)に行きました。山行前の夕食は甲府西高の女子と一緒にほうとう・ビーフシチュー・豚汁などを作って食べました。当日はほとんど雨で地面もぬかるんでいましたが、最後まで安全に楽しく山行ができました。雨天時の山の歩き方を学べて良かったです。

 八ヶ岳・編笠山

8月7日~8日に八ヶ岳の編笠山(2524m)と権現岳(2715m)に行きました。今回は鶴城山岳会の方にも同行していただきました。昼頃に編笠山の山頂に着きましたが小雨が降ってきたためすぐにテント場である青年小屋に向かいました。歩いているうちに雨は止み、1時間ほどでテント場に到着しました。その後は小屋の周りを散策しました。コケモモなどの高山植物がひろがっており、とてもきれいでした。夕食は2班に分かれてビビンバとシチューを作りました。翌日、5時にテン場を出発し、6時30分に権現岳に到着しました。1日目は曇りでしたが、この日は晴天で雲海がとてもきれいでした。権現からの帰りはガレ場ででしたが、誰も落石をすることなく下山できました。今回の登山も安全に楽しい登山ができて良かったです。

 IMG_2362.JPG  IMG_2369.JPG

滋賀県高島トレイル・比良山系(第59回全国高校総体)

月1日、梨を出発、夕方に滋賀県に現地入りしました。2日からの下見登山はいい天気でコースをしっかり踏破することができました気温が高く、大会山域においても最高気温は連日35度以上に達し、下見期間中にメンバー4人中2人が軽い熱中症になりました。下見期間中6泊した民宿はいずれも伝統を感じさせる雰囲気で、スタミナたっぷりの夕飯で体力を回復しました。7日の開会式後の学科テストはとても緊張しました。自然観察テストは満点、その他の天気図・気象知識・救急もまずまずの結果でした。大会中はカロリーのしっかりとれたおいしい食事が食べられました。8日乗鞍岳(865.1)コース、9日蛇谷ヶ峰(901.5)コース、10日大谷山(813.7)コースでした。標高が1000mに満たない低山で気温が高く、辛かったですが下見で考えていた時間通りに歩くことができてよかったです。時折眼下にのぞむ琵琶湖がとてもきれいで、山梨の山々とはまたちがうよさを感じました。昨年たくさん減点された体力は、今年はほとんどされませんでした。装備審査で思いもよらぬ減点があったので、来年に繋げたいです。体力審査同様に、昨年を大きく上回ることができたのは地点確認審査でした。大会地形図をしっかり頭にたたきこんだ成果あって、全問正解でした。大会の山行が終わったとき、去年大会に出場した先輩方が山梨からぶどうを持って会いに来てくれたのがうれしかったです。結果は47チーム中第10位とよい成績が残せたので今年学んだことを今後に活かしたいです。

 インターハイあ.JPG インターハイい.JPG

 HPa.jpg HPb.jpg

HPc.jpg HPd.jpg

HPe.jpg HPf.jpg

山岳部女子 

インターハイで全国10位!

8月7日~11日にかけて、滋賀県の高島トレイル・比良山系で開催されたインターハイにおいて、一高女子山岳部としては初の全国10位(47チーム中)になりました。酷暑との戦いの日々でしたが、昨年度の課題だった体力・歩行技術の減点をほぼなくし、装備・炊事・自然観察・読図・計画書などで満点をとれました(合計得点96.4点)。山岳部では1年生女子部員を募集しています。全国大会に出場して、山梨だけでなく全国のすばらしい山々・温泉・郷土料理を楽しみましょう。

HP1.JPG HP2.JPG

 

第67回山梨県高校総体登山大会 女子四連覇!

女子団体第1位  全国大会出場権獲得

男子団体第2位  関東大会出場権獲得

5月13~15日の3日間、南アルプス鳳凰三山系の夜叉神峠から薬師ヶ岳までのコースで県総体が開催され、一高山岳部は女子が四年連続の優勝、男子も昨年に続き準優勝の成績をのこすことができました。女子は8校中体力・生活・学科いずれも満点での優勝、男子も13校中生活・学科は1位、体力3位での準優勝でした。日頃のトレーニングや安全登山のための学習、月例登山での経験が登山大会の結果につながりました。女子はこれで四年連続のインターハイ出場となります。今年のインターハイは滋賀県北部の高島トレイル・比良山系で8月に開催されます。また男子が出場権を獲得した関東大会は10月に群馬県武尊山系で開催されます。県内で開催される競技登山はこの県総体のみです。定期試験が終わったら、競技ではない楽しい登山を追求して、新入部員に山登りの楽しさを経験させます。この経験がまた来年の県大会や全国大会につながるのだと思います。

〇1年生の女子生徒の皆さんへ

女子1年部員が現在1名のみでとても困っています。学校の4階の教室まで普通に登れる体力があればまずは大丈夫です。登山技術は少しずつ教えます。危険なルートは登りません。高校の山岳部は安全第一で楽しい登山を行います。もちろん学業最優先です。中学までの登山経験は先輩たち皆ありません。経験ゼロからの山歩き、経験ゼロからの全国大会。部活動がまだ定まっていない皆さん、もっと充実した日々を送りたい皆さん、是非とも山岳部へ。

H27県総体.JPG

 

 

load