部活動 文化局

美術部

【愛称】一美
【部員数】19名(H29現在)
活動日】平日の放課後を中心に美大希望者は朝練(デッサン会)を実施
活動場所】美術室&造形室

 オリジナルのツナギに身をつつみ、楽しくも本格的な活動をしています。油彩や水彩、デザインは言うにおよばず、立体彫刻、映像など、生徒の趣向に応じた指導が可能です。美術系大学希望者も10名ほどおり、切磋琢磨しながら実技力向上を図っています。夏休みには合宿をおこないH27年度は助成金を活用しながら「旅する一美~上海アート研修」を実施。現地のアーティストや高校生と交流しました。今年(H28年度)は、静岡県の海で巨大なサンドアートに挑戦します。
 初心者大歓迎です。趣味で美術をしたい者から、プロのアーティストになりたい者まで、美術を思いっきり楽しみたいのなら、一美の門をたたくべし!


※県芸術文化祭にて6年連続芸術文化祭賞(最高賞)受賞
※7年連続全国総合文化祭出場中
※その他、UTY教育美術展、高校生国際美術展、望月春江展等に出品、上位賞受賞

b_simple_64_0M.png
【平成28年度】
●県芸術文化祭で出場者5名が受賞しました。これで念願の8年連続全国大会出場を達成しました。

・芸術文化祭賞(全国総文祭宮城大会出場)
安井萌々花 「棘」100☓100☓200cm 流木・鉄
yasui.JPG

・優秀賞(全国総文祭宮城大会出場)
安部桜 「金魚」 B1 アクリル
abe.JPG

・優秀賞(全国総文祭宮城大会出場)
三井恵梨香 「道」 S50 油彩
mitsui.JPG

・優秀賞(全国総文祭宮城大会出場)
石原真音 「相対」 S50 油彩
ishihara.JPG

・優秀賞(全国総文祭宮城大会出場)
芦澤理乃 「誘惑」 S50 油彩
ashizawa.JPG


●甲府一高出身で日本画界を牽引してきた望月春江を顕彰した山人会特別賞望月春江賞展で1年梶原丈義君が準大賞にあたるロバートクラウダー賞、2年石原真音さんが優秀賞を、大人を交えた舞台での受賞を果たしました。

・ロバートクラウダー賞
梶原丈義作品「住み家」F30号油彩
kajihara.JPG

・優秀賞
石原真音作品「昼下がり」S30号油彩
ishihara.jpg


●8月、夏季合宿で静岡の静波海岸でサンドアートに挑戦しました。
巨大なサメと恐竜。テーマは「阿・吽」です。「あ形/うん形」、「現代と太古」、「海獣と怪獣」、さまざまな対比を込めました。制作中何度も砂が崩れ、四苦八苦したあげく3日間で完成!
H280830bijyutu.JPG

●UTY教育美術展で3名がテレビ山梨賞を受賞しました。
3年西河こころさん、2年芦澤理乃さん、三井恵梨香さんが特別賞を受賞、他出品者7名全員が各賞をいただきました。山梨県立美術館で7月27日~8月2日まで展示中です。

未来のアーティスト続々登場なるか!
昨年の仲田彩乃さんに引き続き山梨美術協会展に3年深谷明日香さん、西河こころさんが出品し入選しました。大人に交じって大きな舞台で発表しました。二人とも毎年出品しながら将来的にアーティストを目指していきます。ご声援お願いします。

 
【平成27年度】
●千葉瑞希さんの作品が教科書に採択
平成29年度改訂日本文京出版「高校生の美術Ⅰ」に3年千葉瑞希さんの油彩作品「いつまでも同じ私じゃない」が採択されました。
5.JPG

●美術部初の海外合宿「旅する一美~上海アート研修」実施
H27年夏、甲府一高の基金である日新基金を活用し、上海での夏季合宿を行いました。上海料理を堪能しながら地元高校生や一線のアーティストとの交流をし、美術愛を深めました。
4.JPG

●3年田中美帆さんが国際ドローイングコンテスト「ドローイングとは」に入選。
本校3年生の田中美帆さんがコンテストに入選し東京銀座のギャルリー志門でドローイングを展示。なお、その後、当ギャルリーでのグループ展に参加。大人の舞台で活躍中です。
3-1.jpg 3-2.JPG

【平成26年度】
●県芸術文化祭で4名が全国大会出場果たす。
平成26年度県芸術文化祭で、エントリー5名中4名が来年度滋賀県で開催される全国総合文化祭への出場が決まりました。
2.JPG

 

【平成22年度】
●文化庁国際交流事業の一環で、美術部1年生8名が全国20名の枠に選抜され、平成22年12月17日から21日までの5日間、韓国ソウル市へ派遣されました。現地では、上一(サンイル)女子高校と合同で日韓の文化の融合した大作を作成し、交流を図ってきました。

bijyutubu.JPG

  

load