部活動 文化局

文学部

甲府一高 文学部は

 毎年文学部は部員15名前後で活動しています。6月に学園祭で配布または販売する部誌「ありのみ」を制作しています。また様々な文学賞への応募、創作教室への参加、図書館とのコラボなどなど、活動の幅も広がっています。

 部員は、長編小説を書いている人、詩を綴る人、爆笑エッセイが得意な人、ショートショートのセンスが光る人、、など様々です。自分の思いを文章にぶつけたい人、誰かに読んでもらいたいけど発表の場がなかった人、文学賞での一攫千金を狙う人、どんな人でも参加OKです!基本的には自宅での創作活動がメインになりますので、兼部もできます。

 部員は随時募集中です! 


arinomi.jpg


ありのみとは:甲府第一高校の校章は「やまなし」です。その実は「なしのみ」ですが、 梨が無しに通じるのを忌んで「有りの実」→「ありのみ」と命名されました。

【大会実績】

平成28年度
俳句甲子園参加
第1回富士山大賞 佳作:橋本らら(1年)
平成28年度山梨県高等学校芸術文化祭 文学部門 
優秀賞:<短歌部門>梶原聖奈(3年)、<詩部門>新藤梨奈(2年・H29全国総文祭出場へ
第40回全国高等学校総合文化祭(文芸部門・詩) 県代表:新藤梨奈(2年)
関東地区高校生文芸大会(短歌)栃木大会 
県代表:梶原聖奈(3年)、鮎川奈々子(1年)、小泉茉穂(1年)
第17回金田一春彦ことばの学校 方言川柳 
金田一春彦賞:青木勇将(2年)、山梨県知事賞:新藤梨奈(2年)

平成27年度
・山梨県芸術文化祭 文芸・詩部門 芸術文化祭賞(H28全国総文祭出場へ)
・第39回全国高等学校総合文化祭 文芸・詩部門 滋賀大会出場
・第17回関東地区高校生文芸大会出場
・全国高校生ケータイ韻文コンテスト(川柳)入選

平成26年度
・山梨県芸術文化祭 文芸・詩部門 芸術文化祭賞(H27全国総文祭出場へ)


b_simple_64_0M.png

平成27年度

※関東大会ほか

bungaku-kanto4.jpgbungaku-kanto3.jpg
bungaku-kanto1.jpgbungaku-kanto2.jpg

8月20日、山梨県立図書館において「関東地区高校生文芸大会」が開催されました。

今年度は俳句部門の大会でしたが、本校文学部 2年 梶原聖奈さんが山梨県代表の一人に選ばれ、関東大会当日は分科会の司会進行なども務めました。

また他の部員たちは大会運営補助員として、他県から参加する生徒さん達の誘導など、事前準備も含めて大活躍でした。

今まで「俳句」を創作する部員は多くありませんでしたが、山梨県出身の俳人・井上康明先生の講演や他県の代表生徒の作品説明を聞き、「5・7・5」の短い言葉に表現された世界の広がりに興味を引かれた様子でした。

 
~関東大会以外の話題~

本願寺広島別院 主催 「非戦・平和を願って70年行事」~公募エッセイ「私の考える平和」 において

本校文学部3年 黒川あさひ さんが高校生部門・優秀賞を受賞しました。

秋から冬にかけて、「文化部のインターハイ予選」とも言える山梨県高等学校芸術文化祭や、各種文学賞応募、選考が相次ぎます。一高文学部員もますます感性を研ぎ澄ませて、創作活動に励む日々です。

  line02-01.gif

※全国総文祭 

文学部総文祭.JPG

去る7月、滋賀県で行われた全国高等学校総合文化祭の文芸部門に、山梨県代表(詩)に選ばれた3年生が参加しました。全国から集まった感性豊かな仲間たちと「新しい四字熟語作り」に挑戦するなど、短い時間ではありましたが、大いに刺激を受けて帰校しました。 
 


 

load